ワークショップのご案内(日本とヨーロッパ)

シアターχカイ舞踏インスティチュートに参加してみませんか

役者・ダンサーを目指している方に限らず、心と体を開放してより豊かな世界に触れ、またダンスの技術を学び舞踏という体のアートに触れたい方、まずはどうぞ体験してみて下さい。


発表会-参加者による発表会を定期的にシアターカイでやっています。これは強制ではありませんが、緻密かつ命の通った作品作り、観客の目に映る自分を知る、なども大きな勉強です。それぞれのレベルに応じた参加の仕方を考えますので積極的に取り組んでください


日時:日曜夜(18:00~21:30)   場所:国分寺地域センター  料金 :1回2000円

2015年9月の開催予定
9月 20・27日(9月は後半2回のみです)
休講の場合もございますので、詳しくは buto.institute@gmail.com まで


また世界各地のワークショップにも!

南仏、チェコの森、あるいはクレタの海でのワークショップには、また特別の感動があります。真剣に舞踏を求める海外の人たちとの交流を通じて日本の価値を再発見した人もいます。今年の夏の予定は以下の通りです。いずれも世界的な観光地から遠くないところでもあり有意義なバカンスとして一石二鳥(?)

8月
 1-5日 南仏(モンペリエ~ニーム間の田舎)
 9-15日 チェコ (プラハ北部の田舎)
 21-26日 クレタ島 
9月
 1-5日 アテネ


ワークショップメソッド

1)基礎身体訓練
気をめぐらせる(新体道・太極拳などを基に)、体の各部の意識を高める(動点・不動点の分節化など)、足腰訓練と上体の脱力(六方・相手に任せて押される・倒されるなど)
2)情動の解放
酔っぱらいのエチュード (心身のコントロールを外し怒り・泣き・笑い、怒りの心身状態)、ゴキブリのエチュード(あっという間にアドレナリンを上げすぐに緊急態勢に入る。危機の身体)
3)ダンスの研究
強い中心軸と終焉の広がり、様々なステップ、体の分節化、細部の表現、緩急、剛柔、体のマチエールを変えるなど
4)細胞と記憶の奥へ
体の極微少な変化が憑依的状態に変化をもたらす。「棲まわれる」「祖先からの記憶」「空っぽの絶えざる入れ替え」(土方巽)